写真:松縄 誠司写真:松縄 誠司

先入観を捨て、会社と個人の可能性を広げることで
想像以上の未来へ導く。
経営企画本部

プロフィール写真:松縄 誠司

松縄 誠司経営企画本部 企画部 部長

高校卒業後、イギリスへ渡り、友人らと飲食業を立ち上げるなどの活動を経験。帰国後はインターネット業界を志し、2003年、NTTデータ・スマートソーシングへ。当初から業務改善志向が強く、既存のルールをより良く変えていくアクションをとり続けてきた。企画営業や新規事業立上などを経て、現在は経営企画本部 企画部で戦略策定や経営目標の管理などを担っている。

高校卒業後、イギリスへ渡り、友人らと飲食業を立ち上げるなどの活動を経験。帰国後はインターネット業界を志し、2003年、NTTデータ・スマートソーシングへ。当初から業務改善志向が強く、既存のルールをより良く変えていくアクションをとり続けてきた。企画営業や新規事業立上などを経て、現在は経営企画本部 企画部で戦略策定や経営目標の管理などを担っている。

事業本部のビジョン

多様な事業/人が融合し、化学反応を起こし続ける組織へ。

Q.事業本部のビジョン/ミッションを教えてください

  • 持続的な事業成長の実現と、そのための事業戦略策定と推進
  • 社内外のブランディングを通じた企業価値の向上

経営企画本部の使命は、経営幹部と社員との両方とコミュニケーションをとり会社の長所と短所を見極めながらこの先どう育てていくべきかを定め、その描いた未来の具現化に向け、各事業部に伴走していくことです。
その他、ガバナンスの強化、外部への広報ブランディング、社員一人ひとりのパフォーマンスを高めるためのあらゆる施策を立案し実行していきます。社内のイベントはもちろん、オフィス環境の改善まで領域はさまざまです。どの仕事でも、どれだけ個人や組織、事業の可能性を引き出せるかを念頭に置く必要があります。トップダウンで新規事業などを推し進めるのではなく、各事業部からボトムアップで新たな成長エンジンを生み出すようなチャレンジが生まれていく組織こそ、新たな価値創造を次々と果たしていけるはず。企画部は、そのための触媒や土壌のような存在として機能していけたらと考えています。

Q.事業本部の強みを教えてください

NTTデータ・スマートシーシングは、10以上の事業が一つに融合して誕生した会社という歴史があります。それはつまり、事業も人もレンジの幅がとても広いということを意味しています。この多様性は、不確実性の高い時代にお客様企業とともに成長をとげていくため不可欠な強みです。過去の価値観に縛られた発想や、通例に従うばかりの行動では成長はできない。多様な視点や考えを融合させ、互いに尊重し合いながら、新たな解を見つけ出していかなくてはいけません。その意味では、中途入社される方々への期待も、とても大きい。生え抜きが多い企業には一体感という強みはあるかもしれませんが、物事を多角的に見る力はどうしても弱まってしまうと考えます。多様性という強みをさらに強化するためにも、中途採用は重要だと考えています。

インタビュー写真:松縄 誠司

ここがおもしろい

企業をひとりの人格としてとらえ、成長を促していく。

Q.仕事のやりがい・魅力を教えてください

経営企画本部の仕事は、会社を俯瞰して見つめることができるのが、最大の魅力だと感じます。当社は4つの事業本部があり、それぞれの特性があります。それらを個別で分析するのではなく、全体を見ながら、ひとりの人格が成長するように、どこをどの方向に強化していけば新たな価値が生まれるのか、より魅力的な企業体となれるのかを考えていく。そういった成長を促していくことが、経営企画本部の本質だと思いますし、醍醐味でもあると考えています。

Q.どんな機会を得られますか

  • 企業経営の根幹に関わることができる
  • NTTデータなどグループ企業の知見、多様な企業との仕事を通じた成長

幅広い事業があるということは、幅広い仕事がここにはあるということでもあります。何か一つのことに人生を捧げることも素晴らしいことですし、「さまざまな領域の知見・経験を積んでいきたい」、「いつでも新鮮な気持ちで新しい仕事に情熱を捧げていきたい」と考える人にとっても、どちらの願いも受け入れる懐がこの会社にはあります。部署異動の他、担当クライアントが変われば、大きな環境変化を味わえます。多様なビジネスモデルを持ち、多様な仕事を経験できる環境がここにある。加えて、あらゆる業界のお客様企業から学び、NTTデータの知恵を吸収する機会も豊富。学びが多く、活躍の場も多岐に渡っているのがNTTデータ・スマートソーシングという会社です。

インタビュー写真:松縄 誠司

求める人財

当社に新たな気づきをくれる人。

Q.事業本部ではどんな人を求めていますか

先入観などなく、客観的に当社を見ることができ、発言し、影響を与えてくれる人を求めています。「この会社のここがおかしい」、「それは大企業病ではないか」とぜひ提言して欲しい。私たちが気づいてない問題や埋もれてしまっている可能性を見つけ出していただくことを、中途入社の皆さんには期待しています。また、結果を不安視しすぎることなく挑戦する行動力も大切だと考えます。今のNTTデータ・スマートシーシングには、NTTデータブランドを守ろうとする慎重さがあります。もちろん慎重さも重要な素養ですが、行きすぎると勝機を失ってしまうことになりかねませんので行動力や思いきりを持った人と出会いたいと思っています。そのためにも、日々やりたいことができたら、発信することが重要だと考えます。

Q.具体的には、どんな経験・スキルが活かせますか

  • 一つの領域で専門性を培ってきた経験
  • マーケティングやブランディングなどに関わってきた経験

現状の経営企画本部や人事人財本部は、各事業本部を経験してから異動してきた社員が多く、その道のスペシャリストが不足しているかもしれません。経理、財務、広報、人事など、各スタッフ部門を極めてきた方の力は、大いにお借りしたいと考えています。

会社を使い倒す方法

会社を使い倒す方法

「忘却と借用」という考え方を大切にしています。なにか新しいことにチャレンジしようとしたとき、前例のないことに対する風向きが強いことはよくあります。そんな時は前向きに「忘却と借用」を行うと、チャレンジを実現することができるようになります。また、個人のスペシャリティを活かしながら、当社やグループ会社を活用できるということも大きいと思います。それは、ベンチャー企業とも、いわゆる大企業とも異なる強みだと思います。良いサイズ感とスピード感で会社が成長しているので、個人の成長を実感することができます。

Entry